診療部門のご紹介

整形外科

整形外科では、骨、関節、靭帯、腱、筋肉、神経などの主に運動器の疾患や外傷を専門とする分野です。乳幼児から青壮年そして高齢者までのあらゆる年代を対象としています。
検査設備として、MRI、マルチスライスCT、骨密度測定装置などの整形外科の診断に必要な機器を揃えています。また、整形外科の診療をするうえで回復期の重要な役割を担っているリハビリテーションは埼玉県北随一の施設を有し、充実したリハビリテーションが可能です。

  • 上肢、下肢、背骨が変形している。
  • 関節が腫れている、はずれている。
  • 骨が折れている。
  • 手・足が痛い、しびれる、麻痺している。
  • 肩がこる。首・腰が痛い。

脳と内臓以外はすべて整形外科の対象とする分野です。上記のような肩・腰・膝等の症状でお悩みの場合は整形外科の受診をおすすめします。

医師紹介

院長:新井 家光(あらい いえみつ)
出身大学
帝京大学
専門資格
・日本整形外科学会認定整形外科専門医
・日本医師会認定産業医
専門領域
・膝関節鏡下の手術
・人工膝関節置換術
・人工股関節置換術

病気を人から切り離した疾病として診るのではなく、病人として患者様本人を診ることを心がけて診療をしています。
高齢者に多くみられる、痛み・しびれ・坐骨神経痛・歩行障害を起こす腰痛・脊柱管狭窄症や、寝たきりを防ぐためのリハビリテーションに力をいれていますが、整形外科分野の症状はどんなものでも診察いたします。
痛みやしびれなどの日常生活に支障をきたす悩みは正直に「つらさ」を医師に相談してください。治療方法は患者様に応じて一緒に考えていきます。当院の医師にはお気軽にお話をしてください。

幸地 彬(こうち あきら)
出身大学
帝京大学
専門資格
・日本整形外科学会認定整形外科専門医
・日本整形外科学会認定リウマチ医
・日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
専門領域
関節リウマチ、膝関節

骨粗鬆症と関節リウマチの最新治療を積極的に取り入れています。
患者様一人ひとりの生活と健康状態に応じて治療をしています。日常生活や全身の健康状態によって、痛み等の症状がある部位への治療方法は異なります。症状を治療するだけでなく、皆様の日常生活が改善するような診療を行いたいと考えています。

渡部 一之(わたなべ かずゆき)
出身大学
帝京大学
専門資格
・日本整形外科学会認定整形外科専門医
専門領域
・肩関節鏡下の手術
清田 淳子(せいた じゅんこ)
専門資格
・日本整形外科学会登録医
米元 崇(よねもと たかし)
専門資格
・日本整形外科学会認定整形外科専門医
・FC東京U‐23帯同ドクター
専門領域
・膝関節鏡下の手術

整形外科入院手術実績

術式等 部位等 平成26年
1月~12月
合計:215件
平成27年
1月~12月
合計:360件
平成28年
1月~12月
合計:390件
小計 中計 小計 中計 小計 中計
関節鏡視下手術 半月板切除術 15 15 9 61 7 75
半月板縫合術 0 14 15
滑膜切除術 0 23 19
前十字靭帯再建術 0 11 23
関節内骨折観血的手術 0 0 2
肩関節形成術 0 0 2
肩腱板縫合術 0 2 4
肩腱板断裂手術 0 0 2
肩峰下除圧術 0 2 1
人工関節置換術 股関節 3 14 7 20 10 34
膝関節 11 13 24
脊椎手術 椎弓形成 6 17 16 33 12 29
椎弓切除 10 10 3
椎弓固定 0 4 8
髄核摘出 1 3 5
骨掻爬 0 0 1
内固定術 鎖骨、肩関節、肩鎖関節 9 109 11 169 12 162
上腕骨、前腕骨、手指、手関節 23 50 41
上腕骨頚部(人工骨頭) 2 4 2
大腿骨頚部/転子部 24 45 36
大腿骨頚部/転子部(人工骨頭) 19 22 34
骨盤 0 1 0
膝蓋骨 2 3 10
大腿骨、下腿骨、足関節、足 30 33 27
創外固定術 前腕骨 1 3 1 1 0 0
足関節 1 0 0
抜去 1 0 0
経皮的鋼線固定術 手指、足趾 8 10 10 13 8 10
手関節、前腕 0 2 1
上腕骨顆上 2 1 1
非観的整復術 前腕骨 1 1 1 2 0 0
足関節 0 1 0
抜釘術 鎖骨、肩関節、肩鎖関節 5 27 2 32 7 57
上腕骨、前腕骨、手関節、手 7 10 25
大腿骨、下腿骨、足関節、足 11 19 11
膝蓋骨 4 1 3
前十字靱帯 0 0 10
脊椎 0 0 1
腱手術 アキレス腱 3 5 1 4 6 9
手指 2 3 3
靱帯縫合術 足関節 1 1 0 5 0 4
手指 0 1 0
前距腓靱帯 0 4 4
関節授動術 肩関節 0 0 1 1 0 0
関節形成術 足趾 0 0 0 0 1 1
関節固定術 手指 0 0 0 2 1 1
足関節 0 1 0
足趾 0 1 0
神経移行術 尺骨 1 1 1 1 2 2
腫瘍切除術 軟部良性腫瘍 1 2 2 2 0 0
ガングリオン 1 0 0
骨切除術 手指 0 0 1 1 0 0
断端形成術 手指 1 1 0 1 0 1
足趾 0 1 1
異物除去術 前腕 1 1 0 0 0 0
切断術 足趾 1 1 0 0 0 0
手根管開放術 手根管 3 3 3 3 3 3
デブリードマン 下腿、手、手指 4 4 8 8 0 1
前胸部熱傷 0 0 1
生検 腹部 0 0 1 1 0 0
気管切開 0 0 0 0 1 1
写真

このページの先頭へ戻る

内科

内科では、内臓に原因がある疾患を主な対象として、薬物療法等の手術ではない方法で診療を行います。対象疾患は、循環器(心臓・血管等)、呼吸器(肺・気管等)、消化器(食道・胃・腸・肝臓等)等の多岐にわたり、さまざまな症状に対して診療をしています。

「何科にかかったらよいのだろう?」と思った時には、内科の診察でご相談ください。全身を総合的に評価して、豊富な経験・幅広い知識に基づいて適切な治療を行います。専門的な治療が必要であるという診断をした際の、適切な医療機関の紹介もお任せください。

主な検査

  • 内視鏡検査(上部消化管・気管支)
  • 腹部超音波検査
  • 心臓超音波検査
  • 心電図
  • 脈波図
  • MRI
  • マルチスライスCT
  • 呼吸機能検査(肺活量)

医師紹介

副院長:荒井 泉(あらい いずみ)
出身大学
新潟大学
専門資格
日本内科学会認定内科医
専門領域
一般内科

内科全般、特に高血圧症、糖尿病、高脂血症をはじめとした生活習慣病を主にして、上部消化管と気管支の内視鏡検査やMRI、CTによる脳や内臓の検査を行い総合的な診療を行っています。在宅医療にも取り組み、定期的な訪問診療によって地域の身近な「かかりつけ医」として健康のお役に立ちたいと考えています。

橋本 喬史(はしもと たかし):帝京大学名誉教授
出身大学
信州大学
専門資格
日本リウマチ学会認定リウマチ専門医・指導医
専門領域
ベーチェット病、膠原病、関節リウマチ

生物学的製剤をはじめとした関節リウマチの新しい治療を積極的に取り入れています。深谷・大里地域における関節リウマチ・膠原病診療の向上に貢献できるよう日々診察にあたっています。

このページの先頭へ戻る

リウマチ科

リウマチ科では、関節・骨・筋肉・腱や結合組織等に「痛み」 や「腫れ」、「こわばり」を伴う病気を診断・治療を行います。対象となる疾患は関節リウマチ・骨粗鬆症・膠原病等です。
当院では日本リウマチ学会認定の内科のリウマチ専門医・指導医と整形外科のリウマチ専門医が中心となってリウマチの診療にあたっています。適切な診断のもとに、抗リウマチ剤や生物学的製剤を、その人その人にあわせた選択をして治療をしています。
リウマチが発症すると早期から骨・関節変化が現れ、その後、関節破壊が進行します。関節破壊を未然に防ぐためには、早い段階からを診断し早期の薬物療法の開始が必要です。「関節が痛い」「腫れぼったい」「朝に手がこわばる」などの症状を自覚したらなるべく早く病院を受診し診察を受けることをおすすめします。

医師紹介

専門医・指導医(内科):
橋本 喬史
専門医(整形外科):
幸地 彬

このページの先頭へ戻る

リハビリテーション科

リハビリテーション科では、主に神経・筋・骨格系の運動機能に障害がある方を対象として、医学的治療や訓練を行っています。失われた運動機能の回復をうながすとともに、残存能力を最大限に引きのばすための治療を行い、患者さんが家庭復帰や社会復帰ができるように援助しています。
リハビリテーションの内容は、運動療法、電気刺激や温熱等の物理療法、作業療法等があります。患者さんの状態にあわせた組み合わせで効果的な治療を行います。

  • 関節や腰に痛み、変形、可動域制限がある。
  • 筋力が低下して動きが悪くなった。
  • 手足に麻痺や不自由がある。箸が使えない、字が書けない。
  • 食事、着替え、トイレなど身の回りの動作がうまくできない。
  • 食べ物が飲み込みづらい。よくむせる。
写真